Tag

Japan destinations

Browsing
【神社】大阪 「津原神社」をのんびり探索 japan travel,osaka

大阪府東大阪市 河内花園駅近くにある津原神社をのんびり探索しました。「津原神社」の本殿の北側に「津原池」と呼ばれる神池があり、この池が御神体で祭祀対象になります。 【津原神社の由緒】 津原神社を中心とした玉櫛之荘(七村)は同神社の祖神天玉櫛彦之命が太古 此の地方に荒ぶる兇賊を鎮圧された功によりまして天朝から所領として賜り、其子孫が長く之を治めたと古い歴史に伝へられています。天平勝宝六年(西暦七八〇年)当河内郡一帯に風水害は甚しく、村人は極度に窮迫して之を救うに術がなく、百姓は只管天候の回復を祈るばかりでありました。その時に加美村の八幡宮の祀部に神託があり、「大和川の上流より橘の枝と櫛笥を流し、その櫛笥の流れ止まる所に神を祀ったなれば風水の禍は自ら治まるであろう….」とあったので、神託に随い橘のと櫛笥を大和と河内の国境より流したところ、流に乗った櫛笥が、津原の池の湧みに流れついて止りました。そこで玉櫛之荘の人々が相談し此の池の傍に社を建て、天児屋根命並びに玉櫛之荘の祖神天玉櫛彦之命・天櫛玉命を併せて祀りました 風水忽ころに治まり、自来池一帯は甚しい風水の害を蒙る事がなくなり、津原神社は近郷七村の総社として尊崇をあつめ今日に至っています。 神社の本殿前より玉串の鳥居までを馬場と呼び河内の三大馬場の一つとされ六丁(600米余)両側には老松、大杉、模の巨木の並木が続いていました。又本殿の北側には津原の池があり日照りの時には雨乞いをして 池の水を田んぼに汲み出したと伝えられています。 Google map Tsuhara Shrine in Osaka. The nearest station is Kawachi Hanazono Station on the Kintetsu Nara Line. #神社 #Shrines #のんびり探索